赤ちゃんとウォーターサーバー

赤ちゃんにとって目に映るものはすべて新鮮で興味深々です。ウォーターサーバーから何やら出てきています。お母さんやお父さんがそこから何か出しているのです。あれは何だろうか、触って口に入れて確かめなければ!と、思うのです。

ハイハイができるようになって物につかまって立てるようになると今まで目線に入っていなかった物も目に入りますし、手も届くようになります。赤ちゃんは成長しますが他のものは成長しないのです。触ったら危ないもの、例えばストーブなどは気を付けますがウォーターサーバーはボタンを押しながらでないと出ないものもあり、安心している家庭も多いのですが、赤ちゃんとは不思議なもので、触ってるうちに出してしまうのです。まさかという事をするのが赤ちゃんです。

もしもこれがお湯のでるウォーターサーバーで、お湯の方を触って出してしまったとしたらどうでしょうか、火傷をするでしょう、水しか出ないウォーターサーバーで火傷をしなかったとしても、驚いて転んで頭をぶつけるかもしれません。何にせよ危険が伴うのです。大人からみると何のことないものが赤ちゃんにはとても危険なことになってしまうのです。ウォーターサーバーに手が届くようになる時期は、親のみなさんも少しだけ育児に慣れてちょっとだけ気がぬけてしまいがちな時期です。

目を離さないようにしているとはいえ完全にそうする事は不可能なのであらかじめ危険な物を避けておくに越したことはないのです。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*